むくみよさらば!スリムなボディ探求

部分別むくみ対策

顔のむくみを取る方法

 

顔のむくみも他の部分と同様に老廃異物を出すようにすることが重要です。
そのためには食生活で栄養バランスを取ることの他に運動もするように心掛けましょう。
汗をかくのはとてもいいデトックスとなりますよ。

 

もちろん朝起きたばかりは個人差はあってもむくみはある程度あります。
しかし、早い時に30分から1時間ですっきりすることがほとんどです。

 

解消法としては起きてすぐにジョギングや体操で一汗ながすというのはとてもいいデトックスになり、むくみ解消になります。

 

そんなことはちょっと無理という人は1時間早く起きてお風呂に入って、ちょっと汗をかきましょう。
このときにはシャワーよりお風呂です。

 

また、フルーツを朝食でしっかり食べるというのはどうでしょう。
フルーツのなかにはカリウムがたくさん含まれています。
もちろんその他にも酵素やビタミンCやいろいろな栄養が含まれていますが、特にむくみにはカリウムです。

 

つまり利用作用の強いフルーツというのはカリウムが豊富に含まれているということになります。
例えば梨やスイカ、柿などはとても豊富だと言われています。

 

しかし、特に気にしなくてもどんなフルーツでもいいので、しっかり食べるようにすると早くむくみは取れるはずです。

 

また、男性で言えばもみあげの部分、つまり耳の下の辺りのほっぺ部分ですが、ここを強めにバチバチとたたきます。

 

リンパが刺激されて水分が流れやすくなると言われています。
そして、最後にクリームなどの化粧品を付けながら耳から首にかけてかるく流しましょう。
それを数回してあげると水分が流れ出しますよ。

 

 

まぶたのむくみを取る方法

 

朝、顔のむくみの他にまぶたがとても腫れているようにむくんでしまうことがあります。
女性にとっては、メイクする気にもならない部分でもあります。

 

原因としては前日泣いたなんていうことも経験ある女性は多いのではないでしょうか。
ちょっと長めに泣いたりしたらもう大変。
次の日にはまぶたはパンパンです。

 

またあまり意識はなくても疲れがたまっているときもむくむのです。
午後になるとまぶたはくぼみ、ゲッソリした感じになり、朝から午前中は妙にまぶたがむくむなってことになります。

 

むくみに見えていて、実際は目袋がポヨンとたるんでいるからそう見えるのかもしれません。
目袋とまぶたはお互いに成り立っており、どちらかが崩れるともう片方の見た目も変わってしまうのです。

 

↑参考:目袋・目元のたるみ解消方法

 

また、お酒を前日にたくさん飲んだときや、暴飲暴食など水分も取りすぎ、塩分も取りすぎ状態の次の日もまぶたや顔がむくむことは大いにあります。

 

もう一つ寝過ぎと時もまぶたがむくむことがあります。
寝過ぎるほど、実は体は疲れていたとも言えるわけですね。
長く寝ればそれだけ、体の水分が顔の方にも流れるので、時間がたてば解消するでしょう。

 

解消法としてやはり朝に果物をしっかり取るということは、カリウム摂取できるので、排尿することでむくみを取ります。

 

また、まぶたの場合はもちろんまぶただけでなく顔全体にもむくみが起こっていることがほとんどです。
そこで、蒸しタオルで2分程度顔絶対をあたためて、次に冷水で洗顔しましょう。

 

蒸しタオルを乗せる前にボールに氷と水をいれておくと、蒸している間に水が冷たくなっています。
それでパシャパシャと洗顔しましょう。

 

毛細血管が温まっていた血管をキュッとしめてくれるので、その瞬間の数秒後には血行がよくなり水分も流れ出しますよ。
目の下のシワに悩んでいる人にもおすすめ。
血行が良くなると肌細胞の分裂も促進され乾燥も緩和してきます。目の下がふっくらするとシワはかなり目立たなくなってきます。

 

↑参考:切らない目の下のシワ対策

 

あとは、紅茶をちょっと多めに飲みましょう。
紅茶はお茶の中でもとても利尿作用があるので、効果が早いようですよ。

 

紅茶というと、前日使ったティーパックを取っておき、目の上に置いておくとむくみが取れるという人もいるようです。

 

一度試してみてはどうでしょう。